FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.07.18
自転車に続き、仮眠スペースもシェア!北京のオフィス街に分単位貸しのカプセルホテルが出現

2017年7月13日、騰訊網によると、シェア文化華やかなりし中国・北京市でこのほど、「空間をシェア」する時間貸しのカプセルホテルが出現した。

北京のオフィス街に出現したカプセルホテル(出典:騰訊網)

 

カプセルホテルが出現したのは、北京市内のIT企業が密集する中関村にあるオフィスビル内。最先端の科学技術が集まる地域だけに、カプセルのデザインも近未来的。宇宙船をイメージして作られたとのことだ。

スペースシャトルに乗り込む感じだ(出典:騰訊網)

 

カプセルホテルなら日本にもたくさんあるが、この施設は日本のカプセルホテルと大きく異なる点がある。それは、宿泊用ではなく、短時間の休憩を主な用途として想定している点だ。現在中国で大流行しているサイクルシェアリングのように、まさに空間を「シェアリング」する感覚だ

若者たちが興味深そうに中を覗く(出典:騰訊網)

 

料金は分単位で設定されており、午前11時から午後2時までのピーク時は最初の30分が10元(約170円)で、30分以降は1分あたり0.3元(約5円)となっている。非ピーク時はさらにリーズナブルで、最初の30分が6元(約100円)、超過分は1分あたり0.2元(約3円)だ。ちょっと休憩するにはぴったりの価格設定である。

 

入室するとオートロックが掛かり、室内にはファンが付いている。室内は薄暗いが、読書灯をつけることができる。さらに、USBポートやコンセントもある。スマホで2次元コードを読み取ることで目覚ましの設定ができるというのも、スマホで何でもできてしまう今の中国らしい。

 

特に若いサラリーマンたちの注目を集めているというこのホテルの責任者は「仕事と休息にリズムがない彼らは、特に静かでプライバシーが守られた場所でちょっと眠ることを求めている」と語っている。

 

(情報源:http://news.qq.com/a/20170713/010183.htm#p=1

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。
本日御紹介した「北京カプセルホテル」関連の取材がしたい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.