FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.03.02
105歳の大長寿、家族96人、計3850歳の大宴会が開催

3月1日、中国のニュースチャンネル「騰訊新聞」によると、2月28日、四川省眉山市で、105歳の大長寿を囲み、家族96人、年齢合わせて3850歳の大宴会が開かれた。

 

写真1

105歳の大長寿を囲む家族たち

 

旧暦の2月2日(今年2月27日)は、伝統行事「龍擡頭(りゅうたいとう)」の日であり、この日に散髪をすると縁起が良いと言われている。家族で理髪店に行き、一年の幸福を願うことは、一般的な家庭にとってはたやすい事であろう。しかし、四川省眉山市の梁学華(リャオ・シュエフワ)さんにとって、家族96人で理髪店に行くとなると話は別だ。「髪を切るのに長蛇の列ができてしまう」と105歳の梁さんは笑う。2月28日、梁さんの7人の子どもが祝いの席を開いた。孫、ひ孫などを合わせると、家族96人、合計3850歳の大宴会だ。

 

写真2

飲酒歴約一世紀、タバコ歴96年!

 

飲酒歴約一世紀の梁さんも、近年はほとんど飲まなくなった。この日も、お酒は飲まず、食事のあとは、「並べて!並べて!」と言う。梁さんがこよなく愛するマージャンの事である。太陽の下、4人の老人が雀卓を囲む。タバコ歴96年の梁さんは、タバコをくわえながら腕を組む。

 

写真3

大好きなマージャンに興じる梁さん

 

20年前、梁さんの夫が亡くなり、末っ子と暮らしていた。しかし、3年前、梁さんが体を壊し、大好きで100歳まで続けていたダンスも行かなくなってしまったことを機に、子ども7人で協力して梁さんの面倒をみることを決意。長男、六男、七男が毎年1万2000元(約20万円)を捻出し、介護にあてる。80歳と高齢な長男を除き、6人の子どもが、毎月5日ずつ交替で梁さんの世話をしている。

 

写真4

家族みんなで梁さんと共に生きる

 

100歳の誕生日、梁さんの自宅では円卓30卓もの大宴会が行われ、子供や孫が詰めかけた。その後も、毎年10卓近い宴会が行われている。このような大家族、どのように関係を保っているのか。家訓に、「人を罵倒してはならない」という言葉があり、皆がそれを守っているという。

 

参考元:http://news.qq.com/a/20170301/005015.htm#p=1

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「3850歳の大宴会」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.