FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.12.04
上海人のソウルフードも人気再燃?ヘルシーでおしゃれな朝食カフェとしても活躍!

上海の朝食の定番と言えば、「四大金剛(四天王)」と呼ばれる「大餅」、「油条(揚げパン)」、「豆漿(豆乳)」、「粢飯(中華風おにぎり)」で、これらは、珈琲にパンといったカフェスタイルの朝食が台頭してきている中でも、その人気が健在だ。

 

1

食べる豆乳「豆漿」は朝食にもぴったり!

 

最近の健康ブームにあやかってか、体に良いとされる「豆漿」をおしゃれに提供するお店が上海市内に数店オープンしており、流行に敏感な若者を中心に人気を集めている中でもSNSなどで話題になっているお店の一つに「桃園眷村」がある。ここの看板メニューはもちろん「豆漿」で、味も「豆漿(塩味の豆乳スープ)」と「甜豆漿(甘い豆乳)」があり、朝食に人気なのは、「豆漿」。塩味と言っても「しょっぱい」という味ではなく、甘くない豆乳スープという感じだ。「油条」を細かくカットしたものやザーサイなどが入り、アクセントのラー油が味をさらにひきしめ、見た目よりボリューム満点!女性なら1杯でお腹が充分満たされる。1杯12元(約200円)というリーズナブルな値段も人気の秘密だが、おしゃれなカフェを思わせる清潔感あふれる店内のインテリアやディスプレイも若い女性を中心に人気が高い。一人でも入れるオープンな空間で、行列のできる人気店としても紹介されている。

 

2

ディスプレイセンスも人気の秘密だ

 

中国の朝食というと、はじめに思い浮かぶのは「お粥」だが、実は地域によっても違いがあるし、朝食の種類もバラエティに富んでいる。お腹に優しいヘルシーな「豆漿」は健康に良い朝食だと外国人の間でも知名度をあげ、ジワジワと人気が出てきた。

 

3

お一人さまも気軽に楽しめる落ち着いた店内

 

中国では、「早飯吃好,午飯吃飽,晚飯吃少」と言い、これは、「朝食は体に良く質の高いものを食べ、昼食はしっかりと食べ、夕食は少なめに食べる」という意味で、健康を保つ理想的な食事法と言われている。シンプルな昔ながらの朝食として「豆漿」は愛され続けているが、味もさながらヘルシーな食材としても、ここ数年で再び脚光を浴びている。

 

桃園眷村 南豊城店

上海市遵義路100号虹橋南豊城豊尚街P10号

営業時間:07:00-23:30

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「上海の朝食」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.