FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.11.16
絶壁で片手離し!障害を抱えながらも素手で岩登りし生計を立てる

11月14日、中国3大ポータルサイト・騰訊のニュースチャンネル「騰訊新聞」によると、貴州省に、足に障害を抱えながらも素手で岩登りをする達人がいるという。

 

写真1

断崖絶壁で片手離しをする黄さん(出典:騰訊新聞)

 

今年52歳の黄小宝(フアン・シャオバオ)さんは、生まれも育ちも貴州省紫雲県・格凸苗塞のミャオ族(苗族)である。

 

3歳の頃、小児麻痺のため、左足の筋肉が萎縮する障害が残ったが、12歳より父親と岩登りを学び始め、現在は、7代目・素手岩登りの継承者である。40年間、命綱などの道具もつけず、素手で100メートル級の断崖絶壁を、まるで平地を這うように登っていく。足に障害はあるが、その腕力はずば抜けており、指先は鷹の爪のように厚い。

 

写真2

写真3

腕力と経験を駆使し、スイスイと上に登っていく(出典:騰訊新聞)

 

ミャオ族の集落・格凸苗塞は、「格凸河」という川の湖畔に位置し、下流には巨大なカルスト地形の洞窟がある。洞窟は高さ116メートル、幅25メートルで、毎年春夏にかけ、数十万羽のツバメがやってくるため、地元民からは「燕子洞」と呼ばれている。

 

写真4

春夏にかけツバメがやってくる「燕子洞」(出典:騰訊新聞)

 

黄さんが岩登りを始めたのは、父親と共に洞窟の壁面にあるツバメの糞と硝石を採取するためであった。ツバメの糞は畑の肥料として、硝石は火薬作りのためであり、80~90年代には良い収入源となった。他にも、薬草やツバメの巣なども採取し、生計を立てていた。

 

また、古くから、この地域の先住民は、「格凸懸棺葬」という死者を断崖絶壁の山洞に葬る伝統的な習慣がある。山洞の高さは少なくとも数十メートル、高いもので100メートルにもなるため、岩を登り、死者を運ぶ人が必要であった。そのため、岩登りの技術に長けた人が歴代、輩出されてきた。

 

写真5

地上約70目メートルの山洞に葬られた棺(出典:騰訊新聞)

 

しかし、現在では、ツバメの巣も採取が難しく、糞も限りがあり、珍しい薬草は見つけるのも困難で、岩登りだけで生計を立てることは難しくなっている。また、「格凸懸棺葬」の習慣も徐々に消え失せてきている。

 

全村1000人中、歴代、岩登りだけでやっていけるのは、わずか5人未満であるという。移り行く時代のもと、黄さんも、岩登りのショーなどを兼業し、生計を立てている。

 

写真6

写真7

今日も岩を登る黄さん(出典:騰訊新聞)

 

参考元:

http://news.qq.com/original/oneday/2510.html

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。
本日御紹介した「絶壁で片手離し!」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.