FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.09.05
ストレス社会でDIYブームの兆し!体験ワークショップでDIY女子が増加

上海で「DIY」という言葉をよく耳にするようになったのは3~4年前のこと。当初はDIYにオンリーワンを求めていた女性がプリザーブドフラワーや花束でインテリア品やプレゼントを作っていた。つくる楽しさ」も多少はあったとは思うが、どちらかと言うと「完成品」が他にない一点ものだということがポイントになっていた。そのため、一部をのぞき、DIYという言葉はまだ広く浸透していなかった。

 

1

緑が癒しに?女性に人気の多肉植物

 

そんなDIY市場に変化が起こったのがここ最近のことだ。この数年の著しい経済発展ぶりで、上海でも競争社会がより激化し、職場や生活でストレスを抱える若者の声が多く聞こえるようになった。手を動かしてモノを作っていると心が癒されると、「DIY」が一気に流行になり、当初の「オリジナル品をつくる」という目的がその過程において癒しを求めるものへと、その認知度が変わってきた。

 

2

好きな多肉植物を自宅で寄せ植えDIY!手軽に楽しめて一躍ブームに

 

働いている女性も参加できるようにと、DIYのスタイルも平日の日中で奥さまたちを対象とした時間帯に集客してきたものが多様化してきた。「仕事が忙しくて時間が分からない、出張が頻繁などの理由で、教室のような継続する形式のクラスではなかなか通えない」と言う若者向けに、会社帰りや休日に参加する単発の体験ワークショップが多く登場した。

 

3

オフィス街にあるショッピングモールには各種DIYを集めたフロアも登場

 

予約なしでも当日飛び入りで参加できるようにし、価格も材料や講義代込みで1回150〜300元(約2600〜5500円)と手頃な価格。「DIYのワークショップに参加していると、仕事の疲れを忘れるから楽しい」と言うのは貿易会社に勤める陳さん(20代後半・女性)

 

4

気軽に体験できるように皮小物が作れるワークショップの紹介

 

ヨガやダンスなどスポーティな習い事もブームになったが、心のバランスを健康に保つめに、こうして手を動かして何かを作る癒し系DIYにはまる女性が増えている。自分で作ったものを自宅で一人楽しむという「自分空間」を大事にする若者が増えてきたのも、若者のライフスタイルの変化を垣間みるようである。

 

5

定番のマステ!アルバムやブックカバーDIYもブームになる予感

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「DIY女子」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.