FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.04.05
Real Sound掲載第4弾!いま中国で話題の“選択式”ミステリー番組「頭号嫌疑人」の魅力とは?

「株式会社blueprint」さんが運営されている総合カルチャーサイト「Real Soundテック」での不定期連載、第4弾がアップされました。

今回は、日本でも話題となった『ブラック・ミラー: バンダースナッチ』(Netflix)のような、視聴者が参加して楽しめる番組について、中国在住の弊社ライターが実際に視聴して、その魅力をリポート!

 

【以下、記事本文】

中国でも最近「インタラクティブ」という言葉をよく耳にするようになった。「インタラクティブ」とは、簡単にいうと、対話、双方向や相互作用という意味で、多く使われている用途は、展示イベントやレジャー施設、あるいは文化芸術分野での”インタラクティブ体験“だ。

 

このインタラクティブ体験の中でも、今年に入ってSNS、ネット世代の若者を中心に人気を集めているのが、湖南衛視の配信サイト「芒果TV(Mango TV)」のインタラクティブ番組「頭号嫌疑人」だ。

 「頭号嫌疑人」番組のオープニング

 

この「頭号嫌疑人」は、いわゆる「微電視劇(ネットドラマ)」とよばれる1話約20分のショートドラマで、ストーリージャンルは謎解きミステリーだ。6話のエピソードに分かれていて、視聴者はパソコンやスマートフォンの画面をクリック操作することでこのドラマに参加でき、手がかりを分析、犯人を特定するための推理を組み立てていくというゲーム要素が組み込まれている。

 

一般的なミステリードラマは、主人公の刑事、或いは探偵が少しずつ謎解きをして、時に視聴者にヒントを見せるなどの手法で、主人公と一緒に、あるいは視聴者が主人公よりも早く犯人へとたどりつき、最後には「やっぱり、犯人はこの人だった」となるのがセオリーだ。

 

今回の「頭号嫌疑人」は、インタラクティブ・謎解きミステリー(視聴者参加型謎解きミステリー)という新たな分野を打ち出し、多くの視聴者を魅了しているが、その理由はさまざま考えられる。

 

登場人物の供述を聞き、手がかりを模索していく

 

記事の続きはこちらから→ 転載元:https://realsound.jp/tech/2019/03/post-334604.html

 

弊社フライメディアでは、上記のような記事執筆はもちろん、中国大陸、台湾、香港といった中華圏で話題になっているモノ・ニュースなどのリサーチや、話題の現場・企業訪問のアテンドなども行っております。

 

さらに、視聴者参加型番組つながりで言えば、弊社は毎年、頭脳を競う人気科学バラエティー番組「最強大脳」(江蘇衛視)のコーディネーションを行っております。以下は昨年の様子。

 

手に汗握る接戦を制したのは…

 

2018年の映像はこちらから→ 東大軍団が中国の天才たちと死闘を繰り広げる!

「最強大脳・燃えろ大脳 シーズン5」

https://flymedia.co.jp/東大軍団VS中国の天才たち%EF%BC%81最強大脳シーズン5

 

先月末、今年も弊社のスタッフが頭脳明晰な日本の若者たちと共に、江蘇省南京市に向かいました。こちらの様子も近々、弊社HPでお伝えできると思います。何卒ご期待ください。(フライメディア・マフネ)


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.