FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2020.07.14
香港のウォールアート村、誕生

新界に錦田という場所がある。近くに緑豊かな山々がそびえる郊外ののどかな住宅地だ。

これまで錦田というと、古い客家の居住地である『錦田吉慶園』が知られてきた。

『錦田吉慶園』は、新界地区に50程度残っているという客家の城壁村の中でも、最も保存状態が良いといわれている。

 

この古い歴史ある錦田が、最近は『ウォールアート』の村として地元情報ソースで取り上げられることが増えてきた。

GoogleMapを見てみると『錦田壁畫村』という場所も記されており、マップに記された辺りへ来るだけで30以上の壁画を探すことができる。まるで台湾にあるアートが有名な村のような話だが、のどかな香港郊外の村でウォールアートといわれても、聞いただけではなかなか想像することが難しいのではないだろうか。

 

ちなみに錦田エリアのウォールアートを作成しているのは、ボランティアグループなのだという。

より良い場所を目指して日に日にアートを増やしているとの事で、現時点で46もの壁画が完成をしたそうだ。(幾つかは取り壊しなどによりなくなっているらしい)ボランティアの発信する情報を覗くと、大人から子供まで多くの参加者が楽しそうに製作に携わっているのが伝わってくる。

 

今回はこの静かな村で見つけることができたアートを、幾つかご紹介してみたい。

 

香港ウォールアート村

こちらは住宅地で見つけたアート

 

普通の道に突然このような可愛らしいアートが出現をした。

中華圏らしいモチーフがとても可愛らしく、錦田壁畫村の情報では一番よく露出されているものである。

 

香港ウォールアート村

これはゴミ置き場前のこんなスペースで見つけた、味のあるアート

 

香港ウォールアート村

錦田一帯の観光地や自然をモチーフにした壁画

 

石造りの城壁を持つ錦田吉慶園も描かれている。

 

香港ウォールアート村

こちらは『錦田吉慶園』近くで見つけもの

 

香港の祝い事の楽しそうな様子が描かれている。

 

香港ウォールアート村

石造りの古い住宅地の壁には、こんな渋いアートがあった

 

この古い壁にぴったりの、まるでかけじくのような壁画だ。描く場所に応じて、その場所に合う題材が選び抜かれているのが分かる。

 

香港ウォールアート村

香港や錦田に因んだものだけでなく、このような斬新なアートもたくさん描かれている

 

まさに新旧が融合したアート村だ。

写真を見て、アート村の様子が少しお分かりいただけたのではないだろうか。

 

多くのボランティアによって、毎日少しずつ増えている壁画。

古い城壁村として知られたのどかなエリアが、新しく生まれ変わろうとしている。

地図を片手に、歴史建造物やアートを探して散策するのも楽しいのではないだろうか。

ちなみに錦田壁畫村周辺には、他にも多くの歴史建造物やウィークエンドマーケットなどの見どころがある。

 

錦田の住民の生活圏内での観光となる為、エチケットを守りながら散策をしたい。(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「香港のウォールアート村」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。

 

 

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.