FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.01.22
グランドスラム2度制覇の李娜さん、アジア人で初めてのテニス殿堂入り

2019年1月21日、中国新聞網によると、アジア選手として初めてグランドスラムで優勝した中国の元女子テニスプレーヤー・李娜(リー ナー)さんが、国際テニス殿堂入りを果たした。

 

(国際テニス殿堂入りを果たした、李娜さん 出典:騰訊網)

 

李さんは1982年湖北省武漢市生まれ。6歳からテニスを始め、1999年にプロに転向した。2000年のウズベキスタン・タシケントで開かれた大会でWTAツアーデビューを果たし、ダブルスで優勝した。

 

その後も着実にキャリアを積むも、2002年に突然第一線を退いて華中科技大学のニュース専攻で学ぶ道を選ぶ。その2年後の2004年に復帰すると、同年10月の広州オープンで中国人初となるWTAツアーシングルス優勝を飾った。2008年には自国開催の北京五輪で活躍し、女子シングルスでベスト4に入っている。

 

2010年代に入り、李さんはキャリアの全盛期を迎える。2010年に全豪オープンでベスト4に入ると、世界ランクもトップ10入りを果たした。翌2011年の全豪オープンで準優勝を果たすと、同6月の全仏オープンではアジア人初のグランドスラム制覇を達成し、一躍時の人となった。2013年にはWTAツアーファイナルで2位となり、世界ランクも3位に上昇。2014年の全豪で2度目のグランドスラム制覇を果たすと、世界ランクは最高の2位まで上昇した。

 

(現役時代の李娜さん 出典:騰訊網)

 

30歳を過ぎてキャリアの絶頂を迎えた李さん。その引き際も実に鮮やかだった。2014年9月に突然引退を発表すると、母国の中国では盛大な引退セレモニーが開かれた。

 

1954年に設立された国際テニス殿堂には、これまで252人が名を連ねてきたが、李さんがアジア人として初の殿堂入りとなる。ツアー優勝、グランドスラム制覇、世界ランク最高位と、数々の「アジア初」「アジア一」を作ってきた李さんは、引退から4年半が経過した今、再び新たな「アジア人初」の記録を打ち立てた。

 

(情報源: http://www.chinanews.com/ty/2019/01-21/8734709.shtml

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。

本日御紹介した「アジア人初のテニス殿堂入り」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.