FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.07.05
釣りとグルメを愛する浙江の男性、250キロ超の巨大マグロを一本買い!

2018年7月2日、新浪によると、浙江省台州市の釣りとグルメを愛する男性が、重さ259キロの巨大マグロを約330万円で買い取った。

巨大マグロを購入した管志偉さんは、台州市の釣り業界では大物級の人物だ。8歳で釣りに目覚め、25歳で海釣りを始め、これまでに重さ10キロあまりの高級魚スジアラや、200キロのサメを釣ったことがあるとのこと。かつては1カ月に20日間も海で魚釣りに興じたそうである。そして、釣りを愛する傍ら、同市椒江区に海鮮レストランを構え、多くの市民に深海のグルメを提供している。出される魚は、全て自身や友人が釣ったものだ。

 

(重さ259キロの巨大マグロ 出典:新浪)

 

魚は6月27日にオーストラリア海域で釣り上げられたもの。菅さんは巨大マグロがあがったとの情報を手に入れると、すぐに釣り主に連絡をして価格交渉に入り、輸送費込みで20万元(約333万円)という値段で買い取った。

50キロもあれば大型の部類に入るマグロ。259キロというのは超ビッグサイズで、中国国内で知られている中で最大級とのことだ。自身も釣りの名手である管さんは「通常の海釣りでは釣り糸が300メートルもあれば長いほうだが、このマグロを釣るには1000メートル以上の糸が必要だったはず」と舌を巻いた。

 

(大人の男性が両手を広げた長さよりも大きい 出典:新浪)

 

マグロが大好きな人が多い日本では、しばしば市場やスーパー、回転ずし店などでマグロの解体ショーが行われる。マグロの解体にはそれなりの技術が必要だ。冷凍で上海まで空輸され、さらに冷凍車で台州にまで運ばれてきた巨大マグロは、実に5人がかりで4時間かけて解体された。頭の重さだけで44キロ、骨が16.5キロあり、そして内臓を除く肉の部分は165キロだった。

 

(頭だけでも44キロの重さがあった 出典:新浪)

 

解体後、管さんは親戚や知人友人を招待して一緒に巨大マグロに舌鼓を打ったとのことである。

(情報源:http://slide.news.sina.com.cn/slide_1_86523_293454.html#p=1

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「巨大マグロをお買い上げ」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.