FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.12.25
800mの崖の下に秘境の村 崖上の梯子から自撮りライブで発信するイ族青年が熱い! 

800mの崖にかかる梯子を登らないと外の世界に出られない秘境の村。そこに一人の人気ブロガーが誕生した。2017年12月15日の騰訊網がそのホットな記事を伝えている。

       

自撮り棒を使ってライブ配信中の楊さん(出典:騰訊網)

 

四川省凉山イ族自治州の昭覚県支尓莫郷「阿土列尓村」。海抜1400〜1600メートルの山中にあり、かつて村人は高さ800mの崖にかかる藤の梯子を登らないと外の世界に出られない秘境の「懸崖村」として報道され、全国的に有名だった。その村が一躍生まれ変わった。崖に新しく鋼の梯子がかけられ、人気ブロガーが毎日その梯子に登って、故郷の村を実況中継し、数万人のファンを獲得している。

       

村は山と山の間に挟まれている(出典:騰訊網)

 

 

イ族の青年である彼の名は「某色蘇不惹」。漢族名は楊陽さん。今年22歳だ。この「懸崖村」で生まれ育った彼は、この村のことをさらに多くの人に知ってもらいたいと、2ヶ月前に友人からネットに写真をアップする方法を習った。そしてこの「天上の梯子」の画像を撮り、多くのファンの心を掴んだ12月の初めにはさらにライブ動画のアップの仕方も習って、それ以来毎日2〜3時間の実況ライブを行なっている。片手にスマホの自撮り棒、もう一方の手で鋼の梯子を掴み、両脚に力を入れて重心を取りながら梯子の上に立つ。故郷の壮大な景色を紹介しながら、ネットユーザー、ファンたちにジョークで楽しく語りかける。

       

梯子は鋼のパイプで出来ているのだ(出典:騰訊網)

 

楊さんは、ネットユーザーたちに村の様子を知ってもらうだけでなく、地元の野生蜂蜜や薫製肉、ジャガイモといった農産物もライブ配信で紹介して、販売につなげている。

       

特産物の並んだ楊さんの家(出典:騰訊網)

 

 

(情報元:https://news.qq.com/a/20171219/006093.htm#p=1

 

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。

本日御紹介した「崖上の梯子ライブ」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.