ニュース

ニュース

2021.03.01
中国の元宵節とは?

元宵節とは中国圏の祭日で、春節から数えてちょうど15日目新年最初の満月の日にあたります。

中国ではお正月を新暦の新年ではなく、旧暦の春節(1月下旬~2月中旬の間にある1日)で祝うのが風習です。

元宵節はそんな中国のお正月の締めくくりの1日でもあります。元宵節が越えると新年のお祝い期間が終了となります。

 

 

 

元宵節の日には家々の軒先には赤い提灯がさがり、家族が集まって、ご馳走やお団子を食べるのが一般的な過ごし方です。

提灯で彩られた街中では、獅子や龍の舞高足踊など、たくさんの出し物が催されます。

提灯のイメージが強いことから、元宵節のことを中国では「灯节」(日本語にすると「灯節」)とも言われており、海外では「ランタンフェスティバル」として有名です。

 

 

元宵節の由来にはいくつかの説があり、有名なのが「天鵞(てんが)説」です。

 

【天鵞(てんが)説】
天界に仕える「鵞」(白鳥)が地上に降りた際に、1人の猟師が放った矢によって傷つけられてしまいます。最高神である「玉皇大帝」はそれを知って怒り、正月15日に地上を焼き払おうとしました。

その計画を知ったある仙人が、地上の人々に「正月15日に家々で松明を燃やし、提灯を灯せば厄災を逃れることができる」と伝えます。

人々は仙人の言葉通りに正月15日に松明を燃やし提灯を灯すと、仙人は玉皇大帝に対し「すでに地上は焼き払った」と報告しました。玉皇大帝が地上を見下ろしてみると、地上は赤々とした炎に包まれているように見え、その報告を信じます。

それによって、玉皇大帝によって地上が焼き払われなくて済んだということです。

この他にも、皇帝の側女”元宵”にまつわる「元宵説」、呂后の死によって乱れた

国を鎮めた日を記念日とする「諸呂の乱説」などがあります。

 

ちなみに、2021年の元宵節は2月26日でした。

皆さんはどう過ごしましたか?(フライメディア/ワンタオ)

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「春節元宵節」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.