FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.10.05
大型連休を迎えた各地の観光地、どこへ行っても人だらけ!今年人気のスポットは?

 

  10月2日の東方頭条網によると、国慶節の大型連休では、各地の行楽地に国内外の観光客が押し寄せ、例年通り、大勢の人でにぎわった。

たなびく国旗と人の波は国慶節連休の定番

たなびく国旗と人の波は国慶節連休の定番

(出典:東方頭条網)

 

  連休初日の1日、上海の有名な観光地である南京東路の歩行者天国から外灘(バンド)にかけて、国内外の観光客がどっと押し寄せた。天気予報は連休中に雨天マークだった上海だが、大方の予報をうらぎっての晴天で、訪れた大勢の観光客に笑みがこぼれた。

動く織物のように人であふれる上海•外灘(バンド)

   動く織物のように人であふれる上海•外灘(バンド)

(出典:東方頭条網)

 

 一方で、大混雑を予想する各地の有名な観光地も受入準備に余念がない。例えば、浙江省杭州市旅遊委員会では、観光客が前年同期比約15%増の延べ1500万人に達し、史上最高になると予想。観光客が押し寄せる同市の西湖風景区では、ボランティアガイドが国内外の観光客を誘導、安全に観光できるよう万全の体制で迎えている。

杭州の西湖ではボランティアも休日返上で大活躍!

杭州の西湖ではボランティアも休日返上で大活躍!

(出典:東方頭条網)

 

 さて、10月3日の新浪財経網では、男女比、年齢構成比などのデータも分析した人気の高い観光スポット、トップ5を発表。連休2日目のトップ5にランキングしたのは、いずれも例年人気の高い観光スポットだ。第5位にランク入りしたのは、海南島三亜市の亜龍湾リゾート地。ビーチに輝く太陽、海外に行かずともビーチリゾート気分が味わえるので、女性客に人気が高いようだ。第4位は、安徽省の黄山。不動の定番スポットである。観光客の約88%以上が25歳以上という年齢構成。第3位は、山東省の泰山。ここの観光客の主力も25~35歳で、約60%近くを占めている。登山のあるスポットは体力的にも子どもが楽しむのは難しいのかもしれない。第2位は、雲南省の麗江。男性客が女性客を上回っているが、80%以上が18歳~35歳。近年、バックパッカーに人気の麗江は、若者にも根強い人気を誇る。そして第1位は、G20の熱気が続く浙江省杭州市。男女比もほぼ同じで、年齢層も幅広く、まさに今年の顔になりつつある杭州市。西湖風景区はピーク時間帯には延べ約23万人にも達している人気ぶり。文化的な要素を含む観光地とG20開催で整備された都市の魅力が大勢の観光客を引きつけるようだ。とはいえ、延べ5億人以上が国内外へ大移動すると予想される大型連休、どこへ行っても、人の波は避けられないだろう。

 

 国内外観光客が一度は訪れる観光の王道、北京

国内外観光客が一度は訪れる観光の王道、北京

(出典:東方頭条網)

 

9月30日より再度開放された、話題のガラスの橋

 930日より再度開放された、話題のガラスの橋

         (出典:東方頭条網)

 

 

(情報源:http://finance.sina.com.cn/roll/2016-10-03/doc-ifxwmamz0237488.shtml

     http://mini.eastday.com/a/161002092412141.html )

 

 

中華圏オモシロ動画、毎週更新中!FlyMedia YouTube channel

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© 2015 FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.