FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.05.18
おしゃべりや歌だけじゃない! お札の識別までできてしまうスーパーインコ

2017年5月16日、騰訊網によると、河南省鄭州市には歌を歌うのみならず、紙幣の識別までできてしまう芸達者なインコがいる。

紙幣の識別ができるインコの「クラウン」

 

鄭州市に住む馬風梅さんが飼っている芸達者のインコは美しい緑色の羽毛を全身にまとっている。鉤型の大きなくちばしからはしばしば「こんにちは」「あなた、お綺麗ね」「もうかりまっか」といった言葉を発するのだ。そして馬さんの指示に合わせて手の上に飛び乗る、右と左の区別がつくといった能力も披露する。しかも馬さんがその場を離れようとすると「さようなら」と言うのである。

 

見事な芸当に、子どもの目も釘付けだ

 

このインコはキビタイボウシインコのオスで、名前は「クラウン」だ。歌が大好きでとても上手に歌う彼だが、最大の特技は歌やおしゃべりではなく、なんと紙幣の識別だ。馬さんが財布から1元、5元、10元、20元、50元、100元と6種類の紙幣を取り出し、トランプの手札を広げるようにクラウンの前に並べる。そして「10元」と叫ぶと、クラウンが6枚の紙幣の中から見事に10元札を咥えて引き出すのだ。

 

額面ではなく、色の違いを認識している

 

馬さん曰く成功率はほぼ100%とのこと。ごくまれに起きる失敗は「くちばしが大きいので2枚咥えてしまう」のだとか。実際インコが紙幣の大きさを識別できているのかについて、専門家は「キビタイボウシインコはとても賢い鳥。長い時間トレーニングして、さらに食べ物で誘導すれば、条件反射による色の識別能力を身に着けることができる」と説明。あくまでも色の違いを認識しているのであって、残念ながらお札の意味や額面の大小を理解しているわけではないようだ。

 

参考元:http://news.qq.com/a/20170516/010561.htm#p=1

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。
本日御紹介した「スーパーインコ」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

中華圏オモシロ動画、毎週更新中!FlyMedia YouTube channel

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© 2015 FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.