FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.12.27
2頭の馬に籠を担がせ、悠然と農道を行く河南省の男性

12月26日、中国新聞網によると、河南省洛陽市で24日、男性が2頭の馬に担がせた籠に乗って悠然と道を行く姿が、通行人の注目を浴びた。

ac07683e9d264e91937fbbabae93f116

馬に担がせた籠で道を行く郭さん (出典:中国新聞網

 

 

 

自動車や電車、高速鉄道が普及した現代において、馬の籠に乗って道を行くのは、57歳の男性・郭さんだ。馬が2頭縦に並び、その中間に郭さんの乗る籠がある。籠の下には長い支え棒が伸びており、その棒から伸びた紐が、2頭の馬の背中に掛かっているのだ。

c13a93e68ae8407e94e369d79d326181

高速で通り過ぎる列車を横目に悠然と・・・(出典:中国新聞網

 

郭さんは農民で、以前は飼育員として馬の世話を専門に行っていた。ここ数年では自身でも数頭の馬を飼っており、みな懐いているという。ある日、特にやることがなかった郭さんは突然「馬に背負わせた籠に乗ろう」と思い付き、自分で道具を制作。それから何度も実験を重ね、ついに2頭の馬に籠を担がせることに成功した。

358c32a8d2de410bb72b044f5a76e2ce

乗せられて号泣する子も (出典:中国新聞網

 

郭さんの姿を見たある市民が、わが子に「試乗」させようとした。郭さんに抱かれて籠に乗った子どもだったが、怖かったのか馬が動き出すとワーワーと泣き出してしまう。郭さんは「馬を育てるのは子どもを育てるのと一緒。馬は人の心が分かる。馬に対して良くすれば、馬も話を聞いてくれるのだ」と笑いながら語っている。

 

参考元:http://www.chinanews.com/tp/hd2011/2016/12-26/703473.shtml

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。
本日御紹介した「2頭の馬に籠を担がせ」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

中華圏オモシロ動画、毎週更新中!FlyMedia YouTube channel

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© 2015 FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.