FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.11.21
平均72歳!老人18人の楽団、文化遺産の古楽を無償演奏し伝承

11月18日、中国3大ポータルサイト・騰訊のニュースチャンネル「騰訊新聞」によると、雲南省大理に、音楽の生きた化石と称される民間合奏「洞経古楽」の楽団があり、なんと平均年齢72歳の老人18人で構成されているという。

 

20161121

平均年齢72歳の楽団「福縁会」(出典:騰訊新聞)

 

「洞経古楽(ドンジングーユエ)」は、ユネスコの無形文化遺産にも認定されている、中国最大規模の民間合奏だ。漢族の道教音楽、宮廷音楽、民間音楽が融合したもので、主に道教の経典『玉清無極総真文昌大洞仙経』を演奏することから、「洞経」という名が付けられた。吹く、弾く、打つ、歌うなど多種多様な音楽表現をし、「中国の民間オーケストラ」とも称される。起源は四川省とされ、雲南省などの地で発展した。

 

201611212

さまざまな楽器で奏でられる「洞経古楽」(出典:騰訊新聞)

 

雲南省大理市大理鎮才村には、平均年齢72歳の老人18人で構成された「洞経古楽」の楽団がある。楽団名は「福縁会(フーユエンフイ)」。貴重な文化遺産である「洞経古楽」をより多くの人に伝えるため、村の冠婚葬祭の際に無償で演奏をする。

 

201611213

「洞経古楽」で新築落成を祝う(出典:騰訊新聞)

 

11月9日は、村民・楊剣英(ヤン・ジエンイン)さんの新築落成祝いだった。楊さんは、この日を祝うため、「福縁会」に演奏を依頼した。楊さん曰く、「福縁会」のメンバーたちは、一般的に報酬を受け取らず、三食食事を提供するだけで良いという。もちろん、裕福な家庭は老人たちに敬意を示し、ご祝儀を別途用意する。この日も、途中、食事休憩などを含み、夜10時まで演奏は続いた。

 

QQ截图20161121141211QQ截图20161121141315

年季の入った楽器で演奏する老人(出典:騰訊新聞)

 

楽団員によると、「福縁会」はすでに結成30年以上たっており、「洞経古楽」は百数首演奏できるという。以前は楽団の構成人数も多かったが、ここ数十年でこの世を去る楽団員もおり、残されたのは、今の18人のみとなってしまった。楽団の運営経費も厳しく、ボロボロになった楽器を捨てずに演奏し続ける楽団員もいる。

 

演奏を終えた楽団員たちは、今日も長年愛用している楽器を背に帰路につく。

 

201611218

楽器を背に帰路につく(出典:騰訊新聞)

 

参考元:http://news.qq.com/original/oneday/2514.html

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。
本日御紹介した「文化遺産の古楽」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
中華圏オモシロ動画、毎週更新中!FlyMedia YouTube channel

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© 2015 FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.