FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.09.07
「息子が歩いた!」母の愛情リハビリメニューで、脳性麻痺の息子が驚異の回復へ!母の思いが奇跡をよんだ!

9月6日、騰訊網によると、河南省洛陽市に位置する偃師市(えんしし)首陽山の鎮香峪村に住む馬博文さん(14歳)が脳性麻痺(何らかの原因で脳にダメージを負ったことにより生じる運動障害や神経障害の総称)から歩行が可能になったと母と子の感動秘話を紹介した。

17440585_980x1200_0

自分の頭を利用して背中のマッサージをする母親の劉さん

(出典:騰訊網)

 

馬さんは出産時に脳が酸欠状態となり、脳性麻痺になった。「最初は分からなくて、1歳になっても立てないことに気づいたとき、下半身が麻痺していた」と、母親の劉延玲さん(48歳)。いろいろ病院をまわってお金もかけたけど、よくならなかったと失意の劉さんに響いたのが医者の「この病にはリハビリが一番よく効く」という言葉だった。わずかな希望が見えたとき、劉さんのご主人はプレッシャーに耐えられなかったのか、家を出ていってしまった。馬さんは6歳のときだ。

 

それから、母と子の二人三脚の長いリハビリ生活が始まった。馬さんの体を伸ばしたり、マッサージをするほかに、歩行訓練も欠かさず、毎日息子を連れて2km歩いた。最初は500mしか歩けなかったのが、今ではもう2kmも歩けるようになった。雨や雪の日も休まず、室内で歩行練習をした。驚くことにこれらのリハビリメニューは劉さんが考えたオリジナルのものだと言う。

17440588_980x1200_0

リハビリが終わると二人とも汗だくに。(出典:騰訊網)

 

一家の大黒柱である劉さんの暮らしは決して楽ではない。馬さんのほかにも学校に通う娘を養う劉さんは「死のうと思ったこともある。でも息子をどうしても立たせたい」との思いが自分を奮い立たせたのだと話す。馬さんが学校に行っている間、劉さんは靴工場で働く。お昼は馬さんの食事の世話をするために帰宅。工場で終わらなかった仕事を家に持ち帰って仕上げる。劉さんは靴工場のほかにも早朝の清掃員の仕事をかけもつ。靴工場の仕事だけでは家族を養えないからだ。

 

 母親の頑張りに息子の馬さんも立派に応える。学校では同級生のサポートを得て勉学に励み、成績は地区一番と優秀で、校長先生も「真面目で熱心な生徒」と褒める。母親が勤務している間も休まず、一人で歩行練習を続けた。

17440587_980x1200_0

逆境にも笑顔があふれる親子(出典:騰訊網)

 

この親子リハビリを始めて8年、ついに奇跡が起こった。何かにつかまらないといけないが、それでも馬さんは立って歩けるようになったのだ。劉さんは「嬉しいけどまだまだ通過点、目標は一人でしっかり歩けること」と気持ちを新たにひきしめていた。

 

 

(情報源:http://news.qq.com/a/20160906/010784.htm#p=1)

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「母の愛情リハビリメニュー」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
中華圏オモシロ動画、毎週更新中!FlyMedia YouTube channel

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© 2015 FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.