FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.04.01
超穴場!開発が進む上海「ベイワイタン」は人に教えたくない夜景スポット

上海で夜景と言えば、真っ先に思いうかぶのが、日本でバンドと呼ばれている「外灘(ワイタン)」。上海屈指の繁華街である南京東路を歩いて、テレビ塔「東方明珠」が見えてくる位置は高層ビルが立ち並ぶ大パノラマが広がり、いつも観光客でいっぱいだ。テレビや映画でよく見かける外灘の夜景もここの景色が多い。

 

北外灘では対岸や行き交う船の近さに驚く

 

外灘に並ぶ美しくライトアップされた歴史的建築物と対岸の近代的な高層ビル、一目見たいと国内外から観光客が集まり、記念写真を撮るのも一苦労。夜景をバックに自撮りをすると、たいてい両側に知らない人がかなりの密着度で写っている。それほど混雑するロケーションでもある。

 

夜には七色に輝くという「彩虹橋」(右写真出典:新民網)

 

 

こうした外灘人気をよそに最近再開発されているのが、このメインの「外灘」をはずした「南外灘(ナンワイタン)」と「北外灘(ベイワイタン)」と呼ばれる場所だ。今回夜景スポットとして紹介するのが、「北外灘」。ここは、なぜか国内でも知っている人が少なく、夜景を見るには超穴場の公園で、地元の人ですら訪れる人は多くない。

 

公園は、大阪・神戸行きの船が発着するフェリーターミナル「上海港国際客運中心碼頭」に隣接していて、その位置が外灘より北の「北外灘」に位置していることから、公園にもその名称がついている。

 

浦東をのぞむベンチで昼下がりを楽しむ

 

ここから眺める対岸の高層ビル群は、外灘で見るよりも間近に見え、その前を行き交う船の迫力にも圧倒される。公園内には遊歩道もあり、景色を見ながら散歩やウォーキングができるように整備されている。対岸に向けたベンチも多く設置され、都会の喧噪とはかけ離れ、時おり遠くから船の汽笛が聞こえる。緑も多く、四季折々に花が楽しめるように工夫もされている。一度訪れた人ならばもう一度来たいと思わせる公園だ。

 

「彩虹橋」からの眺め。遊歩道は周辺住民の憩いの場に

 

北外灘濱江緑地:上海市東大名路358号

        (最寄り駅:地下鉄12号線「「国際客運中心」駅から徒歩8分」

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「上海のベイワイタン」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

 

 

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
中華圏オモシロ動画、毎週更新中!FlyMedia YouTube channel

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© 2015 FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.