FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.03.17
春爛漫、イベントに欠かせない花は市場で購入が「上海通」?!

日本では国民的イベントになっている314日のホワイトデー、中国でもこの日は「白色情人節」と言い、男性から女性へとプレゼントを贈る日として定着している。そこでプレゼントに欠かせないのが切り花。中国では花と一緒に何かを贈るのが鉄板!ということで、14日近くになるとフラワーショップはもとより花市場も多くの業者や一般客で一段と活気にあふれる。

 

 春らしい色合いに見ているだけでワクワクする花市場

 

をプレゼント」と聞くと、とても高価でそれだけで予算がかなり高いのではと思うが、花市場で購入すると比較的お手頃な価格で手に入れることができる。市場と聞くと、卸業者が訪れる問屋というイメージがあるかもしれないが、中国では、一般消費者も業者と同じく気軽に花市場で買い物ができる。上海で最大規模とされる3階建ての曹家渡の花市場もその一つだ。

 

上海で最大規模とされる3階建ての曹家渡の花市場

 

上海ではとてもおしゃれな外資系のフラワーショップを多く見かけるようになったが、手軽に行けて、安く購入できる花市場もまだまだ根強い人気を誇っている。地元の人はもちろんのこと、長期滞在している外国人にも花市場愛用者は多い。

 

 自宅用には鮮やかな色が映える鉢植えも人気が高い

 

自宅用では特に過度なラッピングは要らないため、花市場の方が断然おトク。もちろん、市場なので買う相手によって値段は違う。頻繁に通う業者の卸値に比べると、当然一般消費者の購入価格は高いのだが、それでも街のフラワーショップで購入するよりかは安く手に入る。それに一般消費者だって常連になればさらに値引きもしてもらえる。

 

なお根強い人気を誇る多肉直物

 

通常、市価では10本〜20本で約6000円するような花が市場では約500円で手に入るなど、その安さは魅力的だ。花の種類も豊富で、海外から輸入される珍しい品種もある。ちょうどホワイトデー前だったこともあり、人気の海外品種は瞬く間に予約で完売。「今日の午後にはまた入るけど、この品種はここしかないから、すぐ売り切れる」と得意気に話すのは、アフリカ産の輸入花を販売している店長。イベントでかきいれどきとあって忙しさにも笑顔だ。

 

高級感あふれる蘭の花もギフト人気が高い

 

市場で購入するときに気をつけたいのはサービスで、あまり期待できない。最近若者に人気の多肉植物を購入していた女性は、いくつか種類を選んで、一つの大きな鉢に自分で移し替えていた。「土はそこにあるから自分で好きなだけ入れて行け」とは店主の言葉。その女性は移し替えると店内でスマホをずっといじっている店主にお金を払って帰っていった。

 

緑と花いっぱいで目移りする市場内

 

別にお金を払えば、豪華なラッピングサービスもあるので、そこは用途にあわせて使いこなせば良い。店内には大きな観葉植物などもあり、配送サービスも完備。購入しなくても眺めているだけで常春の雰囲気を楽しめる花市場。現地で時間に余裕があるときにおすすめのスポットでもある。

 

花束のサンプルも店頭に並んでいる

 

上海曹家渡花鳥市場:万航渡後路33号(最寄り駅:地下鉄11号線「隆徳路駅」徒歩15分)

 

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「上海の花市場」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
中華圏オモシロ動画、毎週更新中!FlyMedia YouTube channel

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© 2015 FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.