FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.01.23
「年越しムード」もいよいよカウントダウン。あと数日で大晦日を迎える。年越し準備も佳境へ!

1月20日は旧暦12月23日で、中国では「小年」と呼ばれる日にあたる。この日をさかいに「春節(旧正月)」を迎える準備が本格的に始まるのだ。この小年は、地域によって、旧暦12月23日、24日、25日のいずれか、日にちが異なるが、民間では、この日に「かまどの神様」をまつり、新しい年の幸福を祈願する。

 

1

「小年」は道教に由来する風習と言われる

(出典:騰訊網)

 

「小年」の日に「かまどの神様(食べ物を司る神様)」が天に登り、玉帝(天を司る神様)にその家の一年の善行と悪行を報告するとの伝説がある。善行だけを報告してもらおうとして、「小年」には、かまどの神様に供物を供え、天へ送り出す風習があり、こうした風習は「かまど」からガスに変わっても、スタイルを変えて受け継がれている。

 

2

北方の習慣!春節には欠かせない「水餃」

 

この「小年」に北方では餃子(水餃子)を食べる地域もあるが、大晦日や春節に食べる縁起の良い料理が水餃子。日本でも中華街などで行われる「春節パーティー」で欠かせない定番である。春節を控えたこの時期は、各企業や団体などで「年会」と呼ばれる年越し前の慰労会が行われるが、従業員の1年の労をねぎらい、新しい年を祝う「年会」でも縁起物の水餃子がふるまわれる。ちなみに「年会」は日本の忘年会のようなもの。

 

さて、この「小年」から大掃除したり、年越し用品を購入したりと春節(旧正月)の準備が本格的に始まるため、この日から春節が始まるとも言われる。このため、地方出身者を多く抱える一部企業では、この日から春節休暇に入ることもあり、市内のショッピングモールや飲食店では、平日でも休日のような賑わいを見せている。春節時には、国内の物流はほぼストップするため、ネットショッピングもつかの間の休みに入る。この時期が春節前の物流のラストスパートでもあり、年々、春節前の物流・流通における人出不足が深刻化して、配送が混乱するなど、春節ならではの話題にもことかかない。

 

ともあれ、新しい年を迎えようとする人々の笑顔と活気で街はいよいよ「春節」一色になった。

 

3

華やかに春節を迎える準備をする街並み

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
中華圏オモシロ動画、毎週更新中!FlyMedia YouTube channel

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© 2015 FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.