FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.07.29
手すりなしの空中散歩体験で暑さを忘れる!? 上海の新たな観光スポットへ参戦!

このほど、暑い夏をヒヤッとさせる湖南省張家界の“ガラスの橋”が世界一高いと話題となったが、何事も一番でなくては気がすまない?とばかりに上海の浦東にある超高層ビルの金茂(ジンマオ)タワーがその張家界の橋よりも40メートル高い位置での手すりなし空中散歩体験のアトラクションを公開した。「張家界まで行かなくても、上海にありますが、なにか?」と対抗心を燃やした強気のアピールで、一般公開前より早くも話題に。

 

1logo

光が反射してより輝いてみえる浦東の三大ビル。真ん中が金茂タワーだ。

 

 

この金茂タワーの“空中歩道”は金茂タワー88階展望台の新たなセールスポイントとして登場!ビルの外側に設置され、全長60メートル、幅1.2メートル。そして話題の地上からの距離は340.6メートルだ。現時点では、「透明ガラスでできた、手すりなしの空中歩道」としては世界一の高さを誇る。体験時間は約30分で、一回の最大体験人数は13名と安全を確保するためのインストラクター2名の計15名。

 

2logo

広告では余裕たっぷりの笑顔で「開放感」をアピール

 

命綱だけでガラスの壁つたいに歩くという、いたってシンプルだけどかなりスリルのある体験。当然リアルな空中散歩が楽しめるはずだが、果たしてその状況を楽しめる余裕があるかはまた別の問題だ。高所恐怖症の人は秒殺されるだろうし、バンジージャンプと違い、約30分、この空中歩道にいるのだから、ジワジワと恐怖心が募ってきても不思議ではない。

「下を見てはダメだ」と思えば思うほど見たくなるのが人間の心理で時間内をこのガラス張りの歩道に立てるかどうかも不安だ。安全面は全く問題ないと太鼓判を推されているアトラクションだと言われても何となく心もとない。

 

3logo

外観の派手さからすると少し寂しい展望台チケット売場

 

4logo

夏休みに入り、子どもたちで賑わう金茂タワー1階ロビー

 

7月28日にメディア向けに公開したばかりなので、まだ一般体験はおあずけ。金茂タワー1階でも展望台チケット売場でも特に宣伝らしいものはなく、体験の実態はまだベールにつつまれている。窓口で一般公開日を聞くと、「数日後」との中国的な定番回答。

 

5

ネット(新華網)で紹介されたアトラクションの安全アピール

 

 

プレオープン時の体験料金は288元/名(約5400円/名)とか。ネットで話題ではあるが、果たしてチャレンジャーが出てくるのか、今後に注目したい。

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「金茂タワーの空中歩道」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください。

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
中華圏オモシロ動画、毎週更新中!FlyMedia YouTube channel

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© 2015 FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.