FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.05.23
驚愕!13歳少年が投げたナイフが少女の頭蓋骨を貫通

2016年5月19日、中国3大ポータルサイト『騰訊網』によると、13歳の少年が投げた15センチメートルのスローイングナイフが、12歳の少女の後頭部に突き刺さるという事件が発生した。

 

0523後頭部に突き刺さったスローイングナイフ(出典:騰訊網)

 

5月16日の夜、東莞市第三人民医院に急患が搬送された。患者の名前は、姚慧琳(タオ・フイリン)さん、12歳。後頭部にスローイングナイフが刺さった状態で、すぐにCT検査が行われた。結果、ナイフの先は頭蓋骨を貫通し、脳に3センチメートルほど食い込んでいた大人の場合、頭蓋骨は非常に頑丈で、スローイングナイフが貫通することはほぼないが、子供の場合、頭蓋骨が未熟で頭頂骨と後頭骨の間に隙間があり、その隙間を縫ってナイフが脳内に到達した

 

052333

被害者のCT画像(出典:騰訊網)

 

手術は全身麻酔を使用し、工具を使いナイフを抜いたが、後頭部に刺さっていたナイフの刃先には台湾の有名な武俠小説に登場する小刀「小李飛刀」という文字が刻まれており、オペ室には衝撃が走った。なぜならば、小刀「小李飛刀」は、尋常でない速度で飛び、百発百中で命中し、誰も避けることができないとされているからだ。

 

05233

スローイングナイフ「小李飛刀」(出典:騰訊網)

 

スローイングナイフの持ち主で、今回事件の加害者である13歳の少年は、すぐに警察に保護された。姚さんの話によると、夕食後、同級生と共に近くの公園で遊んでいたところ、同級生と少年が口論になり、その場を去ろうとした時に、少年は同級生をめがけてスローイングナイフを投げ、結果、姚さんの後頭部に突き刺さったという

13歳の加害者は、規定に基づき、刑事責任は問われず釈放された。8000元(約13万4500円)に上る医療費は、加害者の少年の両親が支払い、賠償に関しては今後双方で話し合われる。

 

参考:

http://news.qq.com/a/20160519/078232.htm

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「ナイフが少女の頭蓋骨を貫通」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
中華圏オモシロ動画、毎週更新中!FlyMedia YouTube channel

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© 2015 FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.